ホストクラブ求人

メニュー

PR

枕する相手を選べ

枕営業というのは、ホストの世界でもあります。
お客さんを繋ぎとめる為に、または何かの要求を通したい時に、お客さんとエッチをする行為です。
これが良い悪いかは個人の道徳的な話になるので、ここでは避けますが、確かにポイントとして売上アップに効果的な場合もあります。
もちろん、自分の性欲の為に抱くのとは別の話ですが、女性客を相手している男性ホストという立場上、体の関係を求められる場合が多いです。
寂しさを埋め合わせたいだけの若い女の子や若い男と関係を持ちたい熟女の方(かなり高齢の場合もあり)など、そこそこの割合でいたりします。

ただ、女性から求められるとすぐにエッチしてしまうホストは正直言ってダメホストです。
自分の性欲を満たすものではなく、あくまでも枕営業なわけですから、求められるからには見返りがないと自分の体を安く売ることになります。
もちろん、エッチの誘いを受けて「じゃあ、シャンパン〇本入れて」とか露骨な言い方などは絶対禁句ですが、暗に何かのご褒美やアメとムチのアメなどで使うと良いでしょう。

ただ、誰でもOKというものではありません。
枕営業をすることのデメリットはあります。
一般的に枕営業はあまり良しとされておりません。
例えば口の軽い女性とエッチをしたら、言いふらされて他の指名客が減ったなんて話もよく聞きます。
きちんと相手を見極めないと自分が損をしたり、自分の価値を下げてしまうので注意が必要です。

また、自分を指名したばかりの女性客とエッチをすると、それでその女性客は満足してしまい店には来なくなるというパターンもあります。
(逆に自分に依存してくれて店に通う子も存在しますが)
もし万が一、女性客からエッチを誘われたらすぐに応じないで、もったいぶらせて数日・数ヶ月じらせるのも売り上げを稼ぐのに必要だったりしますし、自分を安売りしないホストとして好印象を与えたり、時間をかけてじらすことで達成感を与えより自分に依存してもらえるようになったりと、相手によっていろいろな方法があります。

尚、これは枕営業に限ったことではないですが、不特定多数の人とのエッチは性病の危険もあります。
性病持ちホストという話が広まったら致命的ですので、性病には十分気を付けるようにしましょう。
(無暗に信頼おけない人とのエッチを避けるのが一番の回避術です)